社会科学系 07 

画像をクリックすると拡大表示されます  

社会科学系 06に戻る 文芸ほか01進む


『環境法の考えかた』① ②

 

 

 

六車明著 A5判 慶應義塾大学出版会 
AD/D

-1-▼「あなたの大切な人」にとってのよい環境とは何だろうか? 環境法はもっと面白く、その裾野は広い。
▼公害や環境保全といった問題だけでなく、「認知症」や「躁鬱」といった“ 個々の人”の環境の問題までを考える。
▼社会問題の書籍として読めるだけではなく、弁護士、企業法務担当者、CSR 担当者にも必携の1冊。

 

-2-▼企業、またその中で働く人、その周りにいる人…すべての人にとってよい環境とは何だろう。
▼社会問題の書籍として読めるだけではなく、弁護士、企業法務担当者、CSR 担当者にも必携の1冊。




『そろそろ部活のこれからをh』

未来のための部活講義

 

中澤篤史 A5判並製 大月書店 

AD/D

 

 [推薦]

内田 良さん(教育社会学者、名古屋大学准教授)

「冷静だけどアツイ! 部活の「過去」を最もよく知る研究者が、ついに「未来」の実践に向けて語りだした!」

荻上チキさん(評論家、「シノドス」編集長)

「体罰、休日出勤、強制加入――。「ブラック部活」の汚名を返上しなくては。教師も生徒も、地域も保護者も幸せになるための、「部活のこれから」がここにある!」