社会科学系 03      画像をクリックすると拡大表示されます             社会科学系 02に戻る  社会科学系 04進む 


不平等と再分配の新しい経済学

 

A5判上製 大月書店 

AD/D

memo 著者はアメリカで60〜70年代に青春を過ごした人。ラディカル(急進的)経済学者であり、ラディカル政治経済学会の指導的立場の人。「60´sとラディカル」がキーワードになってコミカルなものを探した。ヨーロッパのおとぎ話のキャラクターの見つけたことで、広がりを持つことができた。新しいイメージが出来た。

 


ーーーー

不平等は非効率だ!(帯より) 

近年のゲーム理論・行動科学と実証・実験データに基づいて示す、ラディカルな再分配政策の可能性。(大月書店HPより)


市場社会と人間の自由   社会哲学論選

 

四六判上製 大月書店 

AD/D

ーーーー

平等主義は時代遅れなのか? 近年のゲーム理論・行動科学と実証・実験データに基づいて示す、ラディカルな再分配政策の可能性。経済と民主主義の危機という経験から、市場ユートピアを根源的に批判したポランニー。人間の自由を追究しつづけた、その知的格闘が浮かび上がる15編。日本の政治・経済の混迷を問い直す参照点として(大月書店HPより)



貨幣経済と資本蓄積の理論

 

A5判上製 大月書店 

AD/D

memo ポジフィルムがスリーブで納品されると、フィルムの初めには不思議な光が踊っている。カメラにフィルムを装填するときに僅かに露光する模様はとても面白い。そのコレクションから(端ポジ(ハジポジ)コレクション)。夢の中で積み木遊びをしてたらその夢がうつつにぼけながら変化してきた。

ーーーー

マルクスとケインズの貨幣理論を基礎に、現代政治経済学の理論的・実証的アプローチによって、貨幣経済の構造と動態に迫る。(大月書店HPより)


世界金融・経済危機の全貌

 

A5判上製 慶應義塾大学出版会 

AD/D

memo ハジポジコレクションから。街の景色にちかいものを探した。

ーーーー

2007年夏のパリバ・ショックに始まり、2008年9月のリーマンショックをきっかけに一気に拡大した一連の金融危機を徹底分析。第一 線の研究者、実務家がその原因と実体経済への波及、そして中央銀行の政策対応を多方面から検証。現在もなお続くギリシャ財政危機までも視野に入れ、危機の 本質を明らかにする。(慶應義塾大学出版会HPより)


構造問題と規制緩和   バブル/デフレ期の日本経済と経済政策シリーズ  全7巻

 

A5判上製 慶應義塾大学出版会 

AD/D

memo  全7巻のシリーズロゴのデザインに苦慮する。旗とか波といったイメージ。

ーーーー

バブルの発生から崩壊、その後のデフレとその克服への対応。1980年代からの四半世紀日本経済の経済動向と経済政策を、様々な視点から点検・評価する。わが国を代表する研究者、官民エコノミストの総力を結集し貴重な反省・教訓を後世に伝える画期的研究シリーズ全7巻。(慶應義塾大学出版会HPより)


アメリカ経済センサス研究

 

B5判上製 慶應義塾大学出版会 

AD/D

memo 著者は若手研究者と聞いて、少しPOPなデザインにしてみた。無理と思ったが思いのほか著者が気にいってくれた。

 ーーーー

経済センサス完全マニュアル 待望の刊行!
U.S. Economic Census の歴史、理論、体系および運用方法を詳細に解説、さらに主要調査票を多数翻訳掲載。(慶應義塾大学出版会HPより)


統計学基礎講義

 

B5判上製 慶應義塾大学出版会 

AD/D

memo 教科書使いということで、類書は派手なものばかり。逆をねらってみた。

 ーーーー

社会事象の分析ツールや経済理論モデルの基礎として重要な統計学を、最短距離で使えるようになるための中級教科書。(慶應義塾大学出版会HPより)


実践的MOTのススメ           商品開発者のための商品創造論

 

A5判上製 慶應義塾大学出版会 

AD/D/カバーイラスト

memo 帯の文言から、「まる」「しかく」「さんかく」のイメージが浮かんで、紺から白に変化するかたちは起点と折り返し点、終点にそれぞれを配置。

ーーーー

「必要」「必然」「必携」「必読」・・・・・・「必」を発掘せよ。
ヒット商品は偶然の「閃き」からではなく、夢想し、問題に悩み、小さなヒントを手がかりに工夫し、修正していくなかで培われる「発掘力」から生まれる。(慶應義塾大学出版会HPより


いま死刑制度を考える

 

A5判上製 慶應義塾大学出版会 

AD/D/カバーPhoto

memo あっちとこっちの間はせめて美しくありたいという、人間に共通の気持ちが現せないかというトライ。

ーーーー

人の生命を奪う刑罰について問う
わが国の死刑制度のあり方について、どのように考えるべきか、また今後どうしていくべきか?(慶應義塾大学出版会HPより)

このページトップ 社会科学系 03                           社会科学系 02に戻る  社会科学系04に進む