人文科学系 03      画像をクリックすると拡大表示されます              人文科学系 02戻る  人文科学系04に進む 


 シーア派の自画像   歴史・思想・教義

A5判上製 慶應義塾大学出版会 

AD/D

ーーーー

イスラーム・シーア派の歴史・思想を概説。
イスラーム二大宗派の一つであるシーア派を、歴史・思考方法・教義の3つの 側面から総合的に叙述する入門書&概説書。本書はシーア派の第一級の宗教学者によって執筆されたものであり、「シーア派によるシーア派入門」ともいえるも の。イランでは神学校教科書として読まれている。ただし、訳者による丁寧な解説により、日本の読者にはより客観的な理解が得られるようにした。(慶應義塾大学出版会HPより)


民族の表象   歴史・メディア・国家

四六判上製 慶應義塾大学出版会 

AD/D

ーーーー

「民族」とは近代に作られた観念的共同体だが、その核心をなすのはコミュニケーションの媒体である言語そのものではなく、いわゆる「メディア」によって伝えられる多種多様なイメージの集積物であり、その意味において「民族」とは「メディア」による構築物である。(慶應義塾大学出版会HPより)


 摸擬と新製   アカルチュレーションの明治日本

 四六判上製 慶應義塾大学出版会 

AD/D

ーーーー

明治日本と西洋文化との大規模な接触がもたらした世界史的な文化変容(アカルチュレーション)の深度を、料理・音楽など身近な素材から分 析。異文化受容と転用の動因を、伝統的な小国意識と「晴れ」の意識に探る。異文化の〈摸擬〉が、あらたなる変容=〈新製〉を成すことの魅力に迫る、斬新な 思想史研究。(慶應義塾大学出版会HPより)


 福澤諭吉と女性

 四六判上製 慶應義塾大学出版会 

AD/D

memo カバー写真は福沢諭吉夫妻と留学中の記念写真。二つのレイアウトを入れ替えると、フェミニストっぽく見えることを発見。レイアウトって面白い。

ーーーー

男子亦この書を読むべし
明治の日本で、当時の常識「女は男よりも劣る」に真っ向から異を唱え、「男女平等」を公言するばかりでは なく、個人としての生活でもその姿勢を貫いた福澤諭吉。彼の生涯にわたる主張「独立自尊」と、女性の地位向上はどのように結びついたのか。福澤の真意を読 み解き、今もなお古びることのない「近代人」としての肖像を鮮やかに描き出す。(慶應義塾大学出版会HPより)


「山月記」はなぜ国民教材となったのか

 四六判並製 大修館書店 

AD/D/カバーイラスト

memo 内容に大いに共感したとともに考えさせられた一冊。「山月記」は戦後の国語教科書に採用される文学作品の中でもその回数はNo.1。それにはどんな理由があったのか? ミステリーテイストにしました。

ーーーー

「李徴=人間性欠如説」はいつ、なぜ広まった?

高校教科書の最高掲載回数を誇る中島敦「山月記」が、「国 民教材」の地位を獲得していくまでの秘められたドラマを解き明かしつつ、現在の国語教育が抱える問題を鮮やかにあぶり出す。(大修館書店HPより)


 江戸儒教と近代の「知」

 四六判上製 ぺりかん社 

AD/D

ーーーー

儒教的教養の関与を軸に、「国民国家」論の視座から近代日本の「知」の形成過程を説く。(ぺりかん社HPより)


 鎌倉期禅宗思想史の研究  <日本禅宗>の形成

 

A5判上製 ぺりかん社 

AD/D

ーーーー

単なる<宋朝禅>の導入ではなく、既成の日本仏教との接触により日本に成立しうる禅宗が模索された鎌倉期の禅宗=<日本禅宗>の成立を描く。(ぺりかん社HPより)


近世朝廷と垂加神道

 

A5判上製 ぺりかん社 

AD/D

memo レインボー箔を多用してコスト高になってしまいました。これは装丁の責任。

ーーーー

山崎闇斎から垂加神道の正脈を継承した正親町家四代にわたる旧蔵書の検討により近世朝廷における神道の位置づけを探る。(ぺりかん社HPより


近世の死生観

 

A5判上製 ぺりかん社 

AD/D/カバーPhoto

ーーーー

「文公家礼」を範とする喪礼の執行を目指して、徳川前期儒教は火葬を含む仏教的な死の儀礼を排斥し批判する。(ぺりかん社HPより


吉川神道思想の研究  吉川惟足の神代巻解釈をめぐって

 

A5判上製 ぺりかん社 

AD/D/カバーイラスト

memo 山と雲を墨絵風に描いてみたら、隣り合った塗布面が解け合ったり、はじけたりして面白い効果が出ました。しかし、これは画仙紙の乾燥度や使った墨との相性などで起こった偶然だということが、紙やさんの専門家に聞いてわかった。もう二度と出来ないのが大変惜しい。

ーーーー

 吉田神道の道統継承者であると同時に吉川神道の提唱者である吉川惟足が、神代巻に向き合う姿勢と吉田家伝の不断の継承に向けられた情念の抽出し、彼我と信仰の拠として求める神典の役割と神々と人々のつながりを得る方法としての詠歌の役割を究明する。(ぺりかん社HPより)


徳川日本の思想形成と儒教

 

A5判上製 ぺりかん社 

AD/D/カバーPhoto

ーーーー

17世紀初頭から18世紀中葉の徳川日本に生きた人びとの自己認識と社会認識に焦点をあて考察する(ぺりかん社HPより)(ぺりかん社HPより


経書解釈の思想史  共有と多様の東アジア

 

A5判上製 ぺりかん社 

AD/D/カバーイラスト

ーーーー

東アジア儒教文化圏共有のテキストである儒学の経典及びその注釈書から、東アジア知識人たちによって掘り起こされた「真理」は、中日韓において多彩でダイナミックな様相を示す。
東アジアにおける独自の「知」を形成していった過程を多様な角度から論じる。(ぺりかん社HPより)


石門心学の思想

 

A5判上製 ぺりかん社 

AD/D/カバーPhoto

memo 石門心学とは江戸時代の庶民のための生活哲学。全国にこのための私塾があった。古民家の畳に差し込む光を撮影して、資料の図版と組み合わせてみました。

ーーーー

石田梅岩からはじまる石門心学の思想的遺産を検討する。「経済と倫理」「教育と主体」の関係性を根源的に捉えかえす論集。(ぺりかん社HPより)